堺・大阪で住宅ローンに関する無料相談。借り換え、ローンの審査などお気軽にご相談ください。

HOME > 変動金利の場合 > 変動金利型の場合

変動金利型を選ぶ場合

jyutaku3-3.jpg 変動型金利の住宅ローンは、「変動金利型住宅ローン」とも
呼ばれ、その時々の金利情勢(市場金利)に応じて、
定期的に金利の見直しが行われる住宅ローンのことを
言います。一般的には、6か月ごとに適用金利が見直される
場合が多く、5年間は元金部分と利息部分の割合を
変更することで返済額が変わらない方式になっています。 

変動金利型の住宅ローンにおいては、毎回の返済額を変えないようにするために、たとえ金利が上がっても、その返済額は 見直し前の1.25倍を上限とする特約がほとんどの場合に付いています。

一般に変動金利住宅ローンは、低金利時には支払利息が少なくて非常にメリットがありますが、金利の大幅上昇時には 「未収利息」のリスクがあるので注意が必要です。
未収利息とは、5年間は返済額が変更しないために生じる、 金利の大幅上昇による利息の未払分のことです。これは、元利均等返済の場合、その後の金利が大幅に変動すると、 毎月の返済額(元金+利息)を約定利息だけで上回る可能性があり、その超えた分の利息は、次の5年間の返済額に 繰り延べられることになります。

したがって、金利上昇時に変動型を選んだ場合、毎月支払っていても実は元金は全く減らず…利息だけ払い続けなければならないことになります。