堺・大阪で住宅ローンに関する無料相談。借り換え、ローンの審査などお気軽にご相談ください。

HOME > 固定金利の場合 > 固定金利の場合

固定金利型の住宅ローンを選ぶ場合

jyutakulone2-1 (1).jpg

固定型住宅ローンは、金利が借入日から最終返済日まで変わらない住宅ローンのことです。
これは、ずっと同じ固定金利が適用される住宅ローンであり、その期間は、15年、20年、25年、30年、35年などとなっており、金融機関によって異なります。
ちなみに、その代表的な商品の一つに「フラット35」があります

固定金利型住宅ローンは、金借入日から最終返済日まで一定の金利で融資を受けることができる。

これは、返済期間中、同じ固定金利が適用される住宅ローンであり、その期間は、15年、20年、25年、30年、35年など金融機関によって異なります。

 

固定金利型住宅ローンの利点

 

一般に固定型住宅ローンは、借入時に返済終了までの金利や返済額が確定するため、長期にわたるマネープランを立てやすいことが特徴です。

特に超低金利時に利用すると「低金利」のメリットを返済期間中ずっと享受することができます。
逆に高金利時に固定金利型にしてしまうと、後で金利が下がった時に損をすることになります。

借入時の金利状況をよく見極めて選択することが望ましいでしょう。

 

固定金利型は、先ほども述べたように、比較的低金利にある状態の際に選択すると良いでしょう。また、収入に対して借入が多く、長期間かけて返済する場合も固定金利型に向いていると言えます。
金利の変動情報などに興味がなくリスク管理ができない方も固定金利型を選択すると良いでしょう。