堺・大阪で住宅ローンに関する無料相談。借り換え、ローンの審査などお気軽にご相談ください。

HOME > 住宅ローンとは

住宅ローンとは

house.png
     
    住宅ローンとは、土地の取得や住宅の新築、改築を目的として、土地や家屋を担保に銀行や住宅金融会社から融資を受ける個人向けローンのことを言います。 

    住宅ローンの仕組みは、住宅が完成し、住宅ローンの借主に引き渡され(所有権が移転)た後に金融機関が購入物件に担保設定を行い、口座に借入金が入金されます。
     一般に住宅ローンは、「公的住宅ローン(公的融資)」と「民間住宅ローン(民間融資)」の二つがあります。 
    住宅金融支援機構、年金融資、財形融資などが公的住宅ローンにあたります。これらは、条件・利用資格などに制限が設けられていますが、その条件さえクリアすれば民間住宅ローンより安い金利で借入できます。 
    一方、民間住宅ローンは、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JA、モーゲージバンク、保険会社などが様々な商品を出しています。条件や利用資格の制限が小さいので利用しやすいですが、金利は公的住宅ローンと比較すると高くなります。

銀行の住宅ローンの融資条件・概要

 

・借入れ時に満20歳以上60歳未満かつ最終ご返済時の年齢が満81歳未満の方。(銀行によっては借入れ時、満70歳の誕生日までの方で、完済時満80歳の誕生日までの方など、若干の年齢の違いがあります。長期固定金利型の場合には、借入れ時に20歳以上59歳の誕生日までと、年齢を低く抑えているケースもあります。) 
・同一勤務先に満3年以上勤務されている方。(銀行によっては、勤続年数2年以上(自営業の場合は業歴2年以上)の方など、若干の違いがあります。) 
・安定した収入が見込まれる方。(前年度税込み年収が300万以上などと金額を明確にしている銀行もあります。) 
・指定の団体信用生命保険に加入が認められる方。 
・指定の保証会社の保証が受けられる方。 
・日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方。

・借入れ時に満20歳以上60歳未満かつ最終ご返済時の年齢が満81歳未満の方。(銀行によっては借入れ 時、満70歳の誕生日までの方で、完済時満80歳の誕生日までの方など、若干の年齢の違いがありま  す。長期固定金利型の場合には、借入れ時に20歳以上59歳の誕生日までと、年齢を低く抑えているケ ースもあります。) 

・同一勤務先に満3年以上勤務されていなければなりません。(銀行によっては、勤続年数2年以上(自営業の場合は業歴 2年以上)の方など、若干の違いがあります。) 

・安定した収入が見込まれる方。(前年度税込み年収が300万以上などと金額を明確にしている銀行もあ ります。) 

・指定の団体信用生命保険に加入が認められる方。 

・指定の保証会社の保証が受けられる方。 

・日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方。

 

平成19年より住宅金融公庫による融資が廃止となり、公的住宅ローンの利用は極めて難しくなりました。廃止に伴い、民間住宅ローンのフラット35がこれを補完する形になっています。

 

住宅ローンに関するご相談は、大阪堺住宅ローン相談センターへどうぞ!

電話:0120-456-762

平日の夕方20時まで、土曜・日曜無料相談の対応が可能です!事前にお問合せ下さい。