堺・大阪で住宅ローンに関する無料相談。借り換え、ローンの審査などお気軽にご相談ください。

HOME > フラット35の場合 > フラット35を選ぶ場合

「フラット35」とは

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構とが提携して提供している長期固定金利型の住宅ローンです。住宅金融支援機構がフラット35を取り扱っている民間金融機関に長期の資金調達を行い、民間金融機関が長期固定金利型の住宅ローンを提供する仕組みを支えています。
 
通常、住宅ローンは、長期にわたり、かつ借入金額が大きいために、借入金利が上がると返済負担が大きくなり、ライフプラン上において多大な影響が出る可能性があります。フラット35は、最長35年の長期固定金利のため、そのようなリスクがなく、ローンの実行時(借入時)に返済終了までの金利や返済額が確定します。

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構とが提携して提供している長期固定金利型の住宅ローンです。
平成19年に住宅金融公庫による融資が廃止になってから、フラット35が以前の住宅金融公庫融資を補完する形で商品化されました。
住宅金融支援機構がフラット35を取り扱っている民間金融機関に長期の資金調達を行い、民間金融機関が長期固定金利型の住宅ローンを提供する仕組みを支えています。

住宅ローンは、長期にわたり、かつ借入金額が大きいために、借入金利が上がると返済負担が大きくなり、マネープラン上において多大な影響が出る可能性があります。フラット35は、最長35年の長期固定金利のため、そのようなリスクがなく、ローンの実行時(借入時)に返済終了までの金利や返済額が確定します。住宅ローンの金利の安さから、近年利用者が増えています!融資限度は5000万円までです。

「フラット35」のメリット

・最長35年間、固定金利を受けられる。

・保証料0円、繰上返済手数料0円と、手数料がお得である。保証人の必要もありません。

・住宅金融支援機構の技術基準で、住宅の質を確保できる。(住宅金融支援機構の技術基準を満たさなければ融資を受けることはできないことになっています)

・返済中も安心サポート(多様な返済方法、団体信用生命保険など)を受けることができる。

物件審査

「フラット35」を利用するためには、検査機関による物件検査を受けて、適合証明書が交付される必要があります。

物件検査とは、融資対象となる住宅が、住宅金融支援機構の定める技術基準に適合しているかどうかについての検査です。

 

 なお、物件検査には、物件検査手数料が必要となり、これは申込者の負担となります。

 ●新築住宅の場合(住宅建設、新築住宅購入)

・一戸建て住宅の場合、設計検査・現場検査(中間)・現場検査(竣工)の3回の検査が行われます。

・共同住宅の場合は、設計検査・現場検査(竣工)の2回の検査が行われます。

 ●中古住宅の場合

   一戸建て住宅、共同住宅とも、書類による確認と現地における調査が行われます。


省エネ・バリアフリー・耐震性など基準クリアでフラット35S

住宅金融支援機構の基準で、省エネやバリアフリー、耐震性、長期優良住宅として認められた場合、フラット35よりも金利がお得になるフラット35Sプランを利用することができます。
これは、金利借入時から数年間、低金利で借り入れできるプランで、フラット35よりも金利が安い子尾がメリットです。
ただし、申込みに期限が設けられていますので、その期間内に申込みを済ませなければなりません。キャンペーンを行っていない期間もありますので、ご注意ください。